So-net無料ブログ作成
検索選択

アイランウォール/擬人化リヴリー [設/設定]

■擬人化リヴリー『アイランウォール』設定★
_____

101021aylan.jpg101024aylan.jpg
詳細はこちらをどうぞ

名前: アイランウォール/aylanwall
生誕: 10月19日
年齢: 23歳
性別: 男性(基本)/女性体変化有
種族: ナイトメアP無(P有/女性)/ヴァンパイア(ナイトメア・他混血)
髪:黒髪(青系)左前髪に青灰銀メッシュ
瞳:朱金系オレンジ/女性時:群青色
普段から仮面を常時着用

外見
身長:182cm/女性時:176cm(ヒールで男性時と同じ※ピンヒールでは無い踵の高い靴)
体重:標準
耳:無(人耳/ナイトメア耳でも出せますw)
羽:飛行時のみ有(普段は無い/男性時は蝙蝠羽、女性時は鳥羽)

体格、髪色(メッシュ含む)などアイランの使える王族に似た雰囲気がある。→血縁に起因
→アイラン本人の体格や雰囲気を曖昧にする目的で仮面と体格ラインを見せない長衣系の服装を常備している。
※有事の際には国王陛下(殿下)の身代わり(死体含む)を務める為なので、一見してアイランとの見分けを付き難くするのが目的。
※女性体でも一見では男性時との見分けがつかない。

衣装
城内は固定服で仮面有り。
公務でのの外出時も固定服で仮面ありです。
101028aylan.jpg
プライベートとお忍びの外出時は仮面無しで衣服は適当です(^^;
一応誰に会っても恥ずかしくないようにとは気を使っているようです。

お酒
日々仕事が忙しいので余り飲みません。
一応、人様にお付き合いできる程度には飲めますが、好んで飲むことは無さそう。

恋愛感情
好きな人が出来れば普通に恋愛出来ますw
でも仕事で忙殺気味なので、べったりラブラブなお付き合いは難しいかも。

武器…基本は体術+魔法(強化魔法で殴るとか?)
武器類も一通り扱えます。(基礎訓練等習得済)

口調:
基本的にはとても落ち着いた口調。
仕事中(王城勤務時)はテキパキと無駄のない感じのしゃべり方をします。
「・・・(書類をチェック)。わかりました。このまま続けて下さい」
「陛下? …ぁあ。また・・・逃げられましたorz(がくり」
(この後30分程で陛下の元へ迎えが行く)
「(無言)」(黙って王座の脇へ付き、威厳とプレッシャーを与えている/無自覚)
「? ああ、もうこんな時間でしたか。(腰をトントン、背伸び~)ふぅ。では、この書類(山積み)で本日は終業としましょう(にっこり」

一人称:私
二人称:貴殿
三人称:貴殿達(ら)

好きなもの
殿下(陛下)
恋人
国家情勢の安定、平安
音楽鑑賞(ジャズとクラシック)
芸術鑑賞(絵画など)

嫌いなもの
国家情勢の悪化、混乱
仕事の後回し(笑)

===
街へ出かける時(休日/お忍び公務時など)
女性体で出掛ける事もあります。
(城のアイランじゃないですよ、的な意味だったらしいが、男女体とも区別が殆ど無いので意味をなしていないorz)

普通にラフなジャケット系?
面無し(笑)
髪型はちゃんと撫でつけて割とスッキリ

一人称:私
二人称:あなた
三人称:あなた達

「…。久しぶりに街へ来ましたが…。賑やかなのは(国の繁栄として)良いですね。…落ち着いて歩けませんがorz おっと、失礼(ぶつかりかけた)」
「レコード…。あ、この方の演奏は聞いてみたいですね。持ち合わせが足りるかな? …カードじゃ無理でしょうかねぇ」

===
女性体設定

基本的にはヴァンパイア(だと思う)の一族だけれど、先祖にナイトメアの血族と混血している。
その為、P無しで男性体(基本)。
P漬け変化で女性体に代わる。
ただし、ナイトメア(悪夢を体現させる夢魔のこと)の能力で実際のP液とは無関係。
本人の意思によって変化する。
夢幻体の実体化のような特殊能力なので、衣服も多少の変化可能(男性用スーツ→女性用スーツ)

女性体時の変化
※性格・思考・行動・口調も男性時と同じ。(肉体のみ変化)
ちょっと華奢になるが、目つきも胸(暫定Aカップ)も身長(ヒールで調節可能レベル)も殆ど変わらないヅカ(宝塚)男役みたい。
どっちになっても誰にも見破られない<哀れorz
→ルフィルトおねーさんにはわかるv(愛だよv 愛v)

===
関係:
(国王)陛下/主人(王家に使える一族です)
王妃様/主人
殿下・シン様/主人
姫様・シンシャ様/主人

===
恋人

___

アイラン23歳/おねーさん18歳。
丁度この辺りからアイランさんが野に在る殿下(陛下)に連絡を取ったりするのに時々この街へ現れたりしてるらしいです(^^)

で、
おねーさん18~19歳あたりで出会って仲良くなったらいいなぁと妄想w
最初は人ごみで後ろ姿をくろさんと間違えたとかねw

時々しか会えないけど、その分ちゃんと予定組んで一緒にコンサート(クラシック/ジャズ/オペラなど)にお出かけして食事したりとか♪

女性体でオフ時は城外へ出ます(※しかし男性体と殆ど変化なし。わずかに華奢)ので、一緒にウィンドウショッピングとか出来ればいいv

将来的には
ルフィルトおねーさん宅へアイランさんの通い婚v

===

王家の遠い親戚。
※ただし現存する血族から見ればそれでも一番近い?
代々王家に使える一族。
王族不在時に代理統治を担える程度には有能。
(かなり有能で忠誠心が強く信頼出来る配下)
※ただしかなりの変わりモノ一族としても有名。
高位貴族(王族親戚なくらいには高位)なのに異種婚も容認しているくらいにザックバランで自由な家訓。
ナイトメアが強く出ているけれど実際には多種多様な人外の血が混じっていると思われる。
※異種婚が結構多いようなので、特化されたそれぞれの種族の能力もあれば、薄れた能力もあると思われる。
外見容姿、種族としてはナイトメア種100%w
→血筋を重んじる(だろうと思う)ヴァンパイアの高位貴族としてはアリエナイので、周りが凄く口ウルサイ。
しかし一貫して王家守護のみ特化w


王・王妃崩御後、王子の生死・行方不明の間、この人の一族が代理統治の任務を担う。
数年前に父が引退(亡くなる?)して若いけれど息子(アイラン)が一族代表で代理統治を引き継ぐ。
ここに来て生死不明行方知れずだった殿下(陛下)から内密に連絡があって、今後の身の振り方(国に戻って王位に就くとか、このまま庶民として暮らすとか)について相談する事になったらしい。
とにかく無事に生存確認が取れた事で凄く喜んでる。(一族でw)

有能な一族の為、代理統治での実績により、城内で王家派と代理統治派で覇権争いが水面下で起きている。
本人たち一族はバカバカしいと一笑。
彼らは真実誠意、絶対なる忠誠を王家に誓っている。
従って彼ら一族は正真正銘の王家推奨派(笑)

側近兄さん(アイラン)は陛下の幼い頃の幼馴染。
殿下(陛下)が8~10歳くらいまで良く面倒を見てくれた人。
殿下(陛下)8~10歳=本人は13~15歳くらい。
このくらいまでは自宅で勉強・戦闘訓練などしていたと思われる。その合間に時間を作っては殿下(陛下)の面倒を見てた?
この先は学校など本格的に勉学に集中=王家/殿下(陛下)の為。
それでもたまに帰宅した時は殿下(陛下)の顔を見に来てたっぽいw
所詮は殿下(陛下)に甘い兄さん(笑)

冷静沈着で先見の明に長け、文武両道オールマイティな人。
だけど殿下(陛下)には絶対的な部分で甘い(笑)
普段はちゃんと追いかけて引っ捕まえて仕事させてます。
しかしハードワークが続いて殿下(陛下)が逃亡すると、「に、逃げられたorz(ガクリ」と言いながらも30分~3時間くらいで休憩時間はくれそう。(殿下(陛下)には所詮甘い)
適当な時間になったらどこに居ても迎えがきます。
nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:キャラクター

nice! 33 /現在nice!: 50938v キリnice!№要チェック~☆

コメント 2

七不思議

おはよう御座います。
アイランさんの設定完成しましたか!〃(o*>ω<)o〃
カッコイイです!
しかも両性具有…と!?
…美味しい設定ですね^^
by 七不思議 (2010-11-04 07:10) 

ゆきじ

>七不思議 さま
ありがとうございます♪
とうとうアイランさんの設定更新しちゃいました~(>ワ<///
カッコイイですか?(喜
でも、両性具有ではないですよ~w
変身さんです(笑)
両性具有も悩んだんですが、2体化にしてみました♪
鳥翼の方がちょっと華奢にしてあります。
しかし良く見ないと分からないw(そーゆう設定なんですw
両性具有もいつかやりたい設定ネタですv
by ゆきじ (2010-11-05 01:06) 

コメントを書く /nice!ありがとう等のお礼コメントは不要です(^^)

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。



『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、株式会社ゲームポットの登録商標です。
リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、 株式会社ゲームポットに属します。
このサイトは『リヴリーアイランド』 および株式会社ゲームポットとは一切関係がありません。
このブログの絵文の著作権は管理人が有し、無断転載・配布・加工等は禁止です。※配布以外の絵文のお持ち帰り禁止。
ブログにある版権物等は各出版社や発売元とは一切関係ありません。
≫ キリnice!:54321
→nice!:55555/56789

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。